ニーモのテントポールを壊してしまったので、自分で破損箇所の交換を試みてみた。

スポンサーリンク
アフィリエイトのアクセストレード

購入してからまだ半年のテント、ニーモ ATOM(アトム)

今年の8月に家族でキャンプをした際に、ポールを破損させてしまいました。

どうも設営の際にポールの連結部に無理な力が加わってしまったようで、

連結の接合部にひびが入り、合わせ口が広がってしまったような状態に(涙)

騙しだまし使用していましたが、シーズンオフのこの機会に修理しておこうと思い立ち、

普段からお世話になっている某ショップさんに破損した節の交換パーツを注文しに。

メーカーに問い合わせしてもらったところ、部品注文の際に保証書の提示が必要になるとの返答が。

保証修理でもないのに、なぜ保証書が?と感じましたが、

要は正規品なのか並行輸入品なのかの確認が必要だということ。

私のものは正規品なので、もちろん無事に発注でき、破損した節は部品代1080円でした。

もし並行モンだとしたら、もっと高額になったのかな、、、

さて、それではいざ、交換作業にかかる事と致します。

まずは破損した節(エンドチップがはまった一番端の節)の

隣の節とさらにその横の節の接合部を少し伸ばし、

中に走っているショックコードを引っ張り出し、そこに適当なものを結びつけます。

とりあえず手元にあったボールペンを使用。

アライテントの資料に参考になりそうなものが。

ネジは切ってなく、ハマっているだけ

エンドチップを外します。

かなり強くハマっており、ホントに抜けるのか不安に思いましたが、

根気よく真横に引っ張るとなんとか外れました。

外れないからといって、左右に揺さぶったりするのはダメダメ。

そしてショックコードの結び目をハサミでカット。これで破損した節を取り外し出来ます。

取り外した節を新品と見比べてみた。

右が新品。やはり比べると広がっていますな、、、

新品の節にショックコードを通します。

蟻にコードを結びつけ通し口の反対側に砂糖を置くなどの小細工は必要なく、

コード自体に適度な硬さがあるので、順々に送ってやればスンナリいきます。

エンドチップにショックコードを通し結んで固定。接合部に押し込めば、、、

作業終了!

うーん、美しい接合部(笑)

作業に要した時間はおおよそ10分。

割とカンタンに出来ました♪

今後は女子の柔肌を扱うように、もっと丁寧に使用せねばと強く決意しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク