八郎坂から松尾峠へ 2018年9月12日

スポンサーリンク
アフィリエイトのアクセストレード

2018年9月12日、八郎坂を登り、弘法、追分を経て弥陀ヶ原の南に位置する松尾峠へ行ってきました。

松尾峠は、立山界隈のメジャーな山域にありながらあまり目立たない所ですが、
かつて立山信仰の一大拠点であった立山温泉と弥陀ヶ原を結ぶ要所にあり、
『剣岳 点の記』に登場する陸地測量部の測量官『柴崎芳太郎』が剣岳を中心とした立山一帯を測量した際に三角点を設置したり、日本近代登山の父『ウォルターウェストン』も立山登頂の際に歩いたという歴史ある峠であります。
そんな由緒正しい松尾峠に私は未だ足を伸ばした事がありません。
多少なりとも富山で山を嗜む者として、
そんな事ではあかんッ!という思いにより今回の山行と相成りました。

コース紹介

距離: 15.6 km
最小標高: 970 m
最大標高: 1972 m
累積標高(登り): 1029 m
累積標高(下り): 998 m

八郎坂より入山

称名川に架かる飛龍橋を渡り、八郎坂登山口のある左岸へ。

9:35

石碑の裏からスタートです。

弘法までは標高差500mを一気に詰めますが、良く整備された九十九折りになっていて、あまり辛さを感じさせません♪

称名滝の落ち口がほぼ目線の高さまできました。

対岸には大日の稜線。大日小屋も見えます。

小一時間歩を進めると、、、

10:30

アルペンルートに合流です!

八郎坂を登りたくない方はケーブルカーとバスでどうぞ。おカネで解決できます。

舗装路を歩いたり、際に沿っている木道を歩いたり、、、

七曲がり付近では舗装路から外れてショートカット。

広大な弥陀ヶ原の先に奥大日岳を望みながら進むと、

11:25

目指す松尾峠への分岐点に到着。

その松尾峠へ向けて伸びる一筋の道。

その先へ進むと、、、

国土地理院の地図には無い立山カルデラに降りる道がありました。

砂防工事関係者のみ、一般の利用はご遠慮下さいとあるが、先に進みたい欲望にかられて仕方がない。

今回は自粛しましたが、この欲望をいつまでも抑えていられる自信はありません(笑)

行く手を阻む倒木を乗り越え、、、

11:45

松尾峠に到着。完全貸切です。

柴崎芳太郎らが設置したという三角点に敬意を表しながらタッチ。

峠からは目と鼻の先にある、この木道を登りきったところにあるという展望台へ。

そこからは国見岳や鷲岳、鳶山などの山々やカルデラ崩壊地が一望出来ると聞いており、私は期待に胸を弾ませ木道を駆け上がりました。

なんという事でしょうか。ガスに覆われ、眺望は殆どありません。

砂防工事に励む重機の動く音だけが虚しく響き渡っていました。

「せっかく苦労してここまで来たのに、、」
と、やり場のない怒りと深い悲しみに打ちひしがれながら
もう一度カルデラ内を覗きこんだところ、、、

!!!

さ、砂防堰堤、、、!

1858年(安政5年)の飛越地震の際に起きた鳶山の崩壊により大量の土砂がカルデラ内に溜まり、それが大雨の度に常願寺川に流出し、下流に幾度となく甚大な土砂災害を引き起した。

その対策として始まった砂防工事だが、あまりにも堆積量が多く、またカルデラを取り巻く山肌の崩落は現在も進行している為、工期は無期限との事。

そして今なおカルデラには2億立方メートルの土砂が堆積しており、仮にそれが全て流出したとすると富山平野が2mの厚さの泥に覆われてしまうという。

そんな恐ろしいリスクから富山平野に住まう我々を身を挺して守ってくれているスーパーヒーローが目の前に!!

そう、彼の名は、、、、

SABOENTEI!!

景色は見えませんでしたが、砂防堰堤の雄姿を拝むことができました。
良かった、ここまで頑張って登ってきて本当に良かった。

興奮冷めやまぬまま展望台を後にし、

11:55

松尾峠まで戻ってきました。

峠からは周回出来るように道が二本あり、

せっかくなので帰路は歩いていない方から下ることにしました。

こちら側はあまり手入れがされていないようで、伸びまくった笹藪を掻き分けて進む羽目に。

藪に覆われているため木道も湿って滑り易く、そこを下っていくのには非常に気を張ります。

背丈くらいある箇所もあり、やっぱり来た道を引き返せば良かったと激しく後悔。

12:55

途中で大休止を挟みながらも、なんとか分岐点まで戻って来ました。

弘法に向けて再び歩みを進めます。

池塘と鍬崎山

酸性雨の調査器具

13:30

八郎坂への降り口まで戻ってきました。

奇怪な形のダケカンバ

称名滝はガスに覆われていました。

八郎坂もいっぺんに靄の中へ

14:25

登山口に無事帰還。

今回のコースタイム

八郎坂登山口<1:05>弘法<0:45>追分分岐点<0:20>松尾峠<0:35>

追分分岐点<0:30>弘法<1:00>八郎坂登山口

(休憩含まず)

松尾峠を踏めたのは良かったのですが、楽しみにしていた展望台からの眺めを得る事ができなかったのはやはり残念でなりません。
また機会があれば再訪し、今度こそ拝めなかった景色を眺めると共に、出来るならばカルデラ内に降り立ち、そこにひっそりと佇んでいるであろう歴史ある立山温泉跡や、温泉跡地から湯川を遡ったところに湧いているという立山新湯、そして先ほど展望台から姿を見た砂防堰堤たちのリーダー的存在、堤高63メートルという砂防堰堤としては日本一の高さを誇る『白岩砂防堰堤』を是非とも自分の目で確かめたいものであります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク