初冬の僧ヶ岳&駒ケ岳へ 2017年11月13日

スポンサーリンク
アフィリエイトのアクセストレード

2017年11月13日(月)

立山連峰の北端『僧ヶ岳』『駒ケ岳』の二座、

登頂して参りました。

双方、富山の百山に定められている山で、

主たる登山ルートは、

黒部側『烏帽子尾根コース』

宇奈月温泉側『宇奈月尾根コース』

魚津側『東又コース』

3つがあります。

今回は魚津側からの『東又コース』を選びました。

コースをご紹介します。

往復距離:15.9km

累積標高:1649m

標準CT:往路5:40 復路4:20 計10:00

——————————————–

AM6:00 富山市内の自宅を出発。


本日のお目当て、僧ヶ岳がくっきり見えます。

雲一つない澄んだ空!

本日は眺望も大いに期待出来そうです♪

目指すは登山口がある片貝川上流、

まずは片貝第四発電所を目指します。

片貝第四発電所

快適な舗装路もここまで。

この先は未舗装のダート道を進みます。



吊り橋を横目に走ると、、、


登山口到着です。

駐車スペースがありました。

停めれる台数は7~8台ほどでしょうか。

7:31 東又登山口

登山口は駐車スペースのすぐ横にありました。

では、参ります!

全く身体が温まっていない開始早々、

ロープが垂らしてある急斜面が続々、

キツいとは聞いていましたが、噂に違わぬ急登です(汗)

紅葉も終わり、登山道には落ち葉がぎっしり。

1200m付近から雪が現れる。

8:48 伊折山

ほどなくして、標高1350m、伊折山到着。

ここまで登山口から距離約1.7km、標高差637m。

単純計算で勾配率37%、中々の登り応えです、、、

少し息を整え、先を急ぎます。

8:58 目指す駒ケ岳を捉える

駒ズーム

黙々と雪の上を歩くと、

徐々に背の高い樹木が少なくなり、視界が開けます。

画像左が僧ヶ岳

画像中央  杓子岳 白馬鑓

富山湾 能登方面

 

間近に僧ヶ岳、

後立山の稜線、反対側には富山湾まで見え始め、

俄然テンションが上がります♪

9:36 成谷山

標高1600m、成谷山、到着。


この辺りから、ようやく傾斜が緩くなってきました。

景色を楽しみながら、快適に歩を進めます♪

薄氷を張った池塘

はるか彼方には霊峰白山

下界よりも一足早い冬景色を楽しみながら

ほどなく進むと、、、、

10:56 僧ヶ岳 山頂

 

スタートから約3時間半、

1855m、僧ヶ岳山頂、到着です!!

※クリックで動画が再生されます

眼前にそびえる大迫力の毛勝山や

真っ白に冠雪した後立山の峰々!

まさに圧巻の一言!!

毛勝山 ズーム

雪倉岳

白馬旭岳 杓子 白馬鑓ヶ岳

鹿島槍ヶ岳

朝日岳

先月登った朝日岳も見えます♪

錦秋の朝日岳

ここだけでも十分満足なんですが、

本日はこの奥にある駒ケ岳が目的です。

後ろ髪を引かれながら先へ進む、、、

駒ケ岳へ続く尾根

僧ヶ岳から駒ケ岳は距離約2.8km、標高差150m。

細かいアップダウンを繰り返しながら登っていきます。

トレースはありませんでした。

尾の沼コース?とちの湯からのルートの事??


この辺まで来ると雪も深い


もう少しで北駒ケ岳


12:08 北駒ケ岳

僧ヶ岳を振り返る

何のものかは分かりませんが、

獣の足跡に導かれながら進むと、、

ほぼ垂直に登る岩場が出現。

足場が雪に隠れている上、

付いている雪も、踏んだら崩れる非常にもろいモノ。

ロープが露出していてくれたのが幸いでしたが、

今回の山行で一番気を張った箇所でありました(汗)

この難所(?)を越えると、ついに、、、、

12:50 駒ケ岳 山頂

駒ケ岳、山頂です!!!

※クリックで動画が再生されます

五竜 八峰キレット 鹿島槍

毛勝山

毛勝山の背後に剣岳

黒部峡谷に架かる橋

僧ヶ岳からの展望も大変素晴らしいのですが、

ここまで足を延ばすと、

毛勝山の背後に剣岳、駒ケ岳に隠れていた唐松岳など、

僧ヶ岳のピークからは見えなかったものを目にする事ができ、

満足度はさらに増しました♪

心行くまで景色を堪能した後、

13:05、下山開始。

狭い足場をトラバース。 ここも少しいやらしい。

 

僧ヶ岳ピークで小休止し、、、


僧ヶ岳から少し下ったところで、

毛勝山や後立山の峰々とお別れ、、、


15:50、伊折山を通過。

本日の日没予定時刻は16:47。

沈みゆく太陽と競り合いながら登山口へと急ぐッ!!


16:45、なんとか日没前に登山口に戻ってこれました。

いや~、写真を撮りまくってたせいで、ギリギリ(汗)

本日は天気も終始良く、山にかかる雲も殆どありませんでした。

そして空気が澄んでいたからか、

はるか遠くまで見渡せ、風もほぼ無い。

こんなコンディションの良い日は稀でしょう♪

おかげでインスタ映え(笑)する写真が沢山撮れました。

まあ、家で披露しても誰も興味は示しませんがwwww


※クリックで動画が再生されます


片貝川の清らかな流れと共に、家路へ向かうことと致します。

それでは、お疲れ様でした。

2年前の11月12日にも、宇奈月尾根より僧ヶ岳登頂してました。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-762969.html

本日と一日しか変わらないのに、

この時は道中一切雪は無し、、、

暖冬でしたもんね~

今回のヤマレコ記録はこちら

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1312969.html

※記事の情報は当時のものです。

また、素人投稿の為、内容の正確性は保証出来ません。

登山の際は、最新の確かな情報をご参照下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク