憧れの槍ヶ岳へ♪ 後編 2017年9月4日 ヒュッテ大槍~横尾~涸沢~上高地

スポンサーリンク
アフィリエイトのアクセストレード

おはようございます。

感動の槍ヶ岳初登頂から、一晩明け、

2017年9月4日、時刻はAM5:00。

お世話になったヒュッテ大槍をチェックアウトし、

小屋の外に出てまいりました。

外気温は約5℃。寝起きの体では、とにかく寒い…。

早く体を温めなくては(汗)

ルート紹介

ヒュッテ大槍⇒水俣乗越⇒槍沢大曲⇒横尾山荘

⇒涸沢カール⇒横尾山荘⇒上高地(河童橋)

※上記高低図はGPSウォッチで取ったログを

元にしております。

総距離、約32.8キロ(GPSでの実測、多少誤差有り)

標準CT 11:20の道のりです!

本日のハイライトは、、、

やはり涸沢ヒュッテからの

『涸沢カールと穂高の峰々』の眺めでしょう!!

では、張り切って行きましょう♪

ヒュッテ大槍から水俣乗越

昨日調べていた今日の日の出時刻は5:20ほど、

すでに空は明るんでいました。

5:03 ヒュッテ大槍より 日の出直前の光景

周りを見渡せば、日の出を拝むために待機中の方が多数。

はるか遠くには富士山(画像中央)も見えたりと、

早朝から素晴らしい眺望が広がっており、

気の済むまでこの景色を眺めていたいところでは

ありましたが、

本日の行程は、昨日よりもさらに予定行動時間が長い為、

日の出は下りながら拝むことにし、下山を開始しました。

そして歩くこと約15分、待ちわびた朝日が

常念岳東大天井岳の間くらいから昇ってきます。

なんと神々しい…。

※クリックで動画が再生されます。

5:22 朝焼けに染まる『槍ヶ岳』と『北鎌尾根』

真っ赤に染まった景色を堪能した後、水俣乗越を目指し歩を進める。

西岳方面へ伸びる『東鎌尾根』

この東鎌尾根の登山道は、ヒュッテ大槍からある程度下ると傾斜がキツくなってきます。

また、片側がスパッと切れ落ちている箇所があったり、

梯子場があったりと、結構神経を使う(汗)

我々は下りなのでまだマシですが、上りに使うには結構ストイック(汗)

6:06 東鎌尾根の6段梯子

しばらく進むと目の前の小ピークに連続した梯子が!

ナニコレ、槍の穂先より危なくね?

いや、いかに危険だとしても、

落ちなければ、どうと言うことはないッ。

6:13 水俣乗越より手前 東鎌尾根より見下ろす槍沢の谷

ほどなくして、乗越の分岐まで降りてきました。

ここで東鎌尾根から別れ、槍沢大曲に向け、下ります。

6:28 水俣乗越の分岐

ヒュッテ大槍より

CT 1:18

標準CT 1:20

水俣乗越から横尾山荘

槍沢におり、横尾山荘を目指す。

6:40 ダケカンバの林

久方振りの樹林帯です。

ダケカンバが沢山生い茂っておりました。

紅葉シーズンはこの辺りも綺麗に色付くのかな…。

7:10 涸れた沢を何度か横切る

7:12 槍沢大曲りの分岐に到着。

沢沿いは、少し肌寒い。

ヒュッテ大槍のお弁当 特大のいなり寿司が三つも!

ここで、ヒュッテ大槍で頂いたお弁当で朝食。

CT 1:55

標準CT 2:10

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

小休止を入れ、次の目的地、横尾山荘を目指し出発。

槍沢沿いに進む

ここから緩い下りの登山道となります。

東鎌尾根の道と打ってかわり、高速移動が可能!

早歩きでガンガン行きまっせ♪

7:50 ババ平のテン場

テン場のモノとは思えないキレイで新しいトイレ。

最近、新築されたようです。

7:56 シラビソの森を快適に歩く

8:08 槍沢ロッヂ

槍沢ロッヂまでやって来ました。

ここは山小屋でありながら、お風呂に入れるそう。

しずかちゃんを連れ来るならココですね。

8:24 槍沢の清らかな流れ

 

 

8:28 二の俣の橋

8:43 一の俣の橋

槍沢沿いの道は傾斜も緩く、

小刻みなアップダウンも殆どない。

そして非常にキレイに整備されており、

初日に歩いた右俣の谷の道に比べ、超快適。

9:12 横尾山荘

横尾山荘に到着しました。

デカい!!

小屋というより、もはやホテル!?

自動販売機も設置されている。

下界に降りてきたなと感じますな。

梓川に架かる『横尾大橋』

CT 3:25

標準CT 4:10

ーーーーーーーーーーーーーーーー

横尾山荘から涸沢

横尾大橋を渡り、本日のハイライト、涸沢カールを目指します!

9:45 横尾 出発

しばらくは傾斜の緩い道を行きます。

10:00 屏風岩が見える

10:27 本谷橋到着

本谷橋、到着。

ここの河原で横尾~涸沢間の中間位。

河原もほどよく広く、休憩ポイントにはちょうど良さげ。

CT 4:07

標準CT 5:30

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここから登山道の傾斜は、一気にキツくなります。

自然の石が丁寧に敷き詰められている。

隣の斜面は崩落の危険性あり。

速やかに通過する(汗)

目指す涸沢ヒュッテが見えてきてからの

最後の登りが地味にしんどいが、

涸沢の素晴らしい展望と生ビールが待っている!と

自分を奮い立てます!!

そして、横尾より歩く事、3時間弱、、

ようやく、、、

12:00 涸沢ヒュッテ 到着

ちょうど正午、

ついに、涸沢ヒュッテ、到着!!

CT 5:27

標準CT 7:10

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

涸沢ヒュッテで大休止

小屋の真横に、シャレオツなウッドデッキがありました。

デッキには平日にもかかわらず、大勢の登山客の方々が

寛いでおられました。

私も負けじとエナジードリンクを注文w

涸沢ヒュッテ名物のおでんと生ビールセット 1400円也。

涸沢カールに残る雪渓を眺めながら、

生ビールで乾杯!

まさに至福の時間ww

涸沢のテン場とカールに残る雪渓

※クリックで動画が再生されます。

相方が涸沢ヒュッテで購入した手ぬぐい。ここからの眺めが丁寧に解説してある。

テン場の受付。山中では珍しく、レンタルテントもあり。テントを持ち歩くのが億劫な方はお金で解決もありかも!?

受付横には、貸出用のコンパネが。ゴツゴツした岩場の地面も、これがあれば快眠♪

涸沢から上高地へ下山

すばらしい展望をいつまでも眺めていたいのは

山々ですが、

本日は上高地から車を止めている新穂高まで、

バスを利用しなくてはならず、

平湯行きの最終バス(事前の下調べでは18:00)が

発車する前までには、

上高地バスターミナルへ到着していなければなりません。

後ろ髪を引かれながら、13:15、下山を開始。

まずは横尾に引き返し、

15:00 横尾山荘に戻ってきました。

ここから地獄の林道歩きが待っています…。

CT 7:05

標準CT 9:10

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、ここから最終目的地の河童橋、そして

その目と鼻の先の上高地のバスターミナルまでは、

距離にして、おおよそ10キロ。

ほぼフラットな道を行きます。

平湯行きのバスの最終は、たしか18:00のハズ。

遅くともそれに間に合わせるため、

ここを如何にスピーディーに動き、

時間を短縮出来るかが我々の最重要課題です(キリッ!)

さあ、急ぎましょう!!

15:41 徳沢ロッヂ

徳沢園を通過し、、、

15:44 徳沢園を流れる小川

16:13 徳本峠~島々谷への道との分岐地点。

16:18 明神館

明神館までやってまいりました。

それにしても、分かってはいましたが、

ここの林道は本当に長い(汗)

歩いても歩いても、なかなか上高地に着きません…。

しかしながら横尾からここまでは、

平均ペース11:00分/キロほど。

小走り気味に進んできたおかげで、

制限時間までには余裕ができてきました。

ここから上高地バスターミナルまでは、

標準CTで0:55。

コースタイム通りでも、到着予想時刻は17:03。

最終は18:00のはずなので、よっぽど予期せぬ事が

起きない限りは間に合うこと間違いなし!!

そう思うと、気持にもゆとりが生まれ、

これ以上は急がなくても良いだろう。

もう少し山旅の余韻に浸ろう。

と、ペースを落とす事にしました。

それからは景色を眺めながらのんびり歩き、

16:59、

16:59 上高地 河童橋

目的の河童橋に到着。

長い林道歩きにようやく終止符が打たれました。

CT 8:45

標準CT 11:20

全所要時間 11:59(休憩含む)

本当にここまで長かった、、、、、、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上高地散策、そして、、、

憧れの槍ヶ岳に登頂する事ができ、

二日間の山旅もそろそろ幕を下ろすのか…。

と思うと無性に寂しさが込み上げてきました。

そういえば、上高地を訪れるのは初めての事だ。

ゆっくり観光とまではいかなくとも、

せめて河童橋で記念撮影をしたり、

梓川のほとりを軽く散策し、

あわよくば祝杯をあげたい。

それくらいの時間の余裕は十分にあるはずだ。

そうだ、梓川に乾杯だ!

そう思い立ち、

祝杯を上げるため、ビールが販売されてそうな

お土産屋さんへ。

そして、梓川に…

かんぱ~~~いッ!!!

あ~、五臓六腑に染みわたるッ!!

ク。

さあ、十分余韻を楽しんだ。

これで思い残すことは何もない。

バスターミナルへ向かおう!

二日間に及んだ、我々の山旅もここで終了しました。

日本100名山に数えられ、多くの登山者が憧れる、

槍ヶ岳への初登頂。

また、素晴らしい展望を楽しむことができた、涸沢カール。

これらを体験できた事は、我々の一生の宝になる事でしょう!!!

※クリックで動画が再生されます。

ご清覧を頂き、有難うございました。

※記事の情報は当時のものです。

また、素人投稿の為、内容の正確性は保証出来ません。

登山の際は、最新の確かな情報をご参照下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

エピローグ

祝杯をあげた場所から、

3分程度でバスターミナルに到着。

17:11 上高地バスターミナル

そして、

従業員の方に平湯行きのバスはどれかと尋ねました。

が、

この方が発した言葉に耳を疑いました。

「平湯行きの最終バスはもう既に発車しましたよ」

は?

は?????????????

バスの時刻表

 

ちょっと待ってください?

現在時刻は17:11。

時刻表には、

「上高地」発「平湯」経由「あかんだな駐車場」行きは

まだ17:30、18:00があるではないか…。

もう一度、時刻表を確認したところ、

最終とその前の便の横には、何故か○印がついている。

なんだ、コレは??

 

○印の注釈を確認したところ、

○ 印 = 4月22日(土)~5月7日(日)・7月15日(土)~8月20日(日)の毎日運行」との記載が、、、

え~と、今日は9月4日、、、

て事は、、、、、

最終は17:00じゃね~~か!!!


明神館からの意図的なペースダウン、

梓川での祝杯、これらの行為を激しく後悔(涙)

悔やんでも悔やみきれません…

しかしこうなった以上、致し方ない。

付近に待機中のタクシードライバーさんに声をかけ、

平湯バスターミナルまで運んでもらうことに…。

バスであれば、運賃1160円のところ、

タクシーになると、安房トンネルの往復利用料込みで、

6000円、、、、、

二人で割り勘にしてもバス運賃の3倍近くかかる…。

くそ、ただでさえ少ない小遣いが、、、、、

しかし、悔やんでばかりもいられません。

タクシーに乗車したならば、

バスでは出来ないナニかをしたい。

それが出来たなら、自分に対して言い訳がきく。

ナニかないか、

ナニか、、、、、、、

そうだ、『釜トンネル』だ!!

釜トンネル、それは『釜トン』の愛称で親しまれ、

その歴史もさる事ながら、

なんといってもトンネル内11%という驚異の勾配率から、

長年、日本トンネル界の重鎮に君臨しているトンネルだ。

その安房側からの入り口は、

過去に国道158線を自家用車で走った際に

何度も眺めている。

だが、その反対側の入り口を目にしたことは、

未だかつてない、、、、

現在、環境保全の為、上高地へは通年マイカー乗り入れは不可能だ。

その為、釜トンの上高地側の入り口は、バスで無機質に通過することはあっても、

車外からじっくりと眺めることが出来る機会など、

そうそうないはずであるッ!!

その入り口がとうとう我々に近づいてくる。

これは行くしかないッ!!

「運転手さん、停めてください!!」

運転手さん「はい?ナニするんですか??こんなところで…」

「いいからッ!とにかく停めて!!」

パシャ!!


やった!ついに捉えたぞッ!!

あの『釜トン』の反対側!

これは、この旅一番の収穫だッ!!!

相方 「本当にそれで満足か?」

満足さ!満足に決まっているじゃないか!!

満足に、、、、、、

帰ろう、、、、

「運転手さん、平湯まで急いで下さい(涙)」

※運転手さんのおかげで、平湯バスターミナルから

新穂高行きの路線バスには間に合いました。

時刻表を見る際は、

細部まできっちり確認しましょう。

おしまい

フジテレビの現在放送中のドラマだけでなく、過去の名作ドラマ・バラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルから、選りすぐりのラインアップ!
あの大人気タイトルがいつでも楽しめます。
フジテレビIDでの新規登録で、お得な新・見放題コース【FODプレミアム】月額888円(税抜)が最大一ヶ月無料キャンペーン実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク