憧れの槍ヶ岳へ♪ 前編 2017年9月3日 新穂高~山頂~ヒュッテ大槍

スポンサーリンク
アフィリエイトのアクセストレード

登山を始めてから数年間、今まで登った山々から

いつも眺めるだけの存在であった、槍ヶ岳。

天を貫くようなその特徴的な山容は、

どこから見てもそれと分かり、圧倒的な存在感を放っていた。

そしてついに、いつか登ってみたいと憧れていた槍ヶ岳に、

チャレンジ出来る機会が訪れました!

2017年9月3日(日)から9月4日(月)

(9月2日(土)は新穂高にて車中泊)

予定の2日間、天気予報は共に快晴。

否応なしにテンション上がります♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月2日午後7時、富山市内より自家用車で

入山口である岐阜県は新穂高温泉を目指し、

相方をピックアップ後、出発。

今晩はロープウェイ乗り場の手前、

温泉旅館『深山荘』横にある、

登山者用無料駐車場にて車中泊の予定。

土曜の夜の為、満車が心配されますが、

とりあえず向かってみましょう。

車を走らせること、約2時間。

栃尾温泉に到着。

これより先の『県道槍ヶ岳公園線』の一部は

8月末まで落石の為、夜間通行止めになっておりましたが、

今月から片側交互通行で24時間通過出来るようになりました。

我々のような前泊者には朗報です♪

21:11 落石現場と思われる地点

※この地図は、国土地理院の電子地形図(タイル)を利用して作成しています

『深山荘』の入り口。ここで左折し、少し下る。

スノーシェッドの途中にある、『深山荘』への入り口。

!!!!

心配していた通り、満車の文字が…

直前に出庫した車の空きがないものかと

微かな期待を胸に進入…。

下った先、駐車場入り口には夜間にもかかわらず、

誘導員のおじさんが。

声をかけてみると、

「一台くらいは空きスペースがあるかも」とのお言葉。

あ~、良かった。

おじさんは明日の10時まで、

ここに待機しておられるとの事。

本当にご苦労様です。

21:19 登山者用『新穂高第3駐車場』

深山荘駐車場との境目にこの看板がありました。

看板より手前は深山荘の駐車場なので、

間違っても停めないようにしましょう。

奥に進むと、空きスペースを発見!

ホッと胸を撫で下ろし、駐車。

今回、駐車した場所はP5の

『市営新穂高第3駐車場』

ここが満車だった場合は、有料になりますが、

P4『市営新穂高第2駐車場』を考えておりました。

21:30 富山のスーパーで購入した、刺身盛りで一杯。

駐車後、車中にて明日への活力を養う(笑)

だが明日は早いので、深酒は禁物ですな…。

早々に完食し、就寝。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌朝、9月4日、4時起床。

私は普段早起きが超苦手なんですが、

山登りの時は何故かバチッと目が覚めるww

4:53 『新穂高登山指導センター』

※この地図は、国土地理院の電子地形図(タイル)を利用して作成しています

こちらで登山届を提出。

ここから登山口まで、長い林道歩きが待っている…

下調べでは6キロほどの距離。先は長い…。


5:05、出発。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

新穂高から槍平へ

右俣谷の砂防工事現場を横目に、

何の変哲もない林道をひたすら歩く…。

正直、とてつもなく退屈…。

こんなことならMTBでも持ってこれば良かった(汗)


6:35

奥穂高岳登山口の分岐地点

※この地図は、国土地理院の電子地形図(タイル)を利用して作成しています

『新穂高登山センター』より、一時間半で到着。

CT1:30

標準CT1:55

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

6:41 白出沢渡渉点

分岐点からすぐに、白出沢渡渉地点へ。

ここは増水すると渡渉が非常に危険だそう。

数週間前に、私の大先輩が同ルートをとった際

実際、沢が増水し、ここで撤退を余儀なくされたらしい…。

ここまでの長い林道歩きが無駄骨に終わるとは、

あまりに気の毒すぎる(涙)

他の登山者が停めたであろう自転車。 このダート道をママチャリで走ってくるとは(汗)

この先から、ようやく登山道らしくなって来る。

ここから、小一時間ほど歩を進めると…

滝谷出合に到着。

7:28 滝谷出合にある避難小屋

10人くらいは横になれそう

※この地図は、国土地理院の電子地形図(タイル)を利用して作成しています

CT2:23

標準CT3:25

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

どんどん、歩を進める。

ほどなくして、

槍平小屋、到着。

ここにはテン場があり、その少し手前に

流し台に蛇口のついた水場がありました。

有り難くボトルに補充。

8:20 槍平小屋

CT3:25

標準CT4:25

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

槍平から奥丸山を経て千丈沢乗越へ

※この地図は、国土地理院の電子地形図(タイル)を利用して作成しています

この先のルートは、右俣の谷沿いに進む方が多いらしいが、

我々は左に折れ、奥丸山方面へ。

と、言いますのも、

数日前、今回の山行の打ち合わせをした際、

相方が、

「谷沿いに進んでも、あまり眺望が開けない。

尾根に上がれば、東に穂高の峰々を一望、

そして西に目をやれば笠ヶ岳双六岳。

左右に雄大な景色を眺めながら、

気持ちよく歩くことが出来るじゃないか」

と語る。

この発言より、右俣沢を渡り、奥丸山の支尾根を登ることに。

地形図をみると等高線の間隔が結構狭い。

「しんどそうだな」と思いつつも

相方の云うことも一理あるなと奥丸山方面へ。

奥丸山分岐の少し下部より 中岳、大喰岳、そして目指す槍も見える

分岐点には9時半頃到着。

すると結構な勢いでガスが上がってくる。

ヤバい、このままではガスに覆われ折角の眺望が…。

先を急ぐ(汗)

9:48 奥丸山の木板

恐れていた事が起きました。

奥丸山からは360°の絶景と聞いていたが、

ガスにより全く眺望がない(涙)

山頂で撮った写真はこれだけ…。

トホホ…。

そしてこの後、西側は終始雲に覆われ、

全く景色が開けない中、黙々と尾根を歩く羽目になる…。

相方のヤツめ(怒)

CT4:43

標準CT6:00

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

折り返し、千丈沢乗越を目指す。

尾根は細かいアップダウンを繰り返し、

なかなか標高を稼げない。

※この地図は、国土地理院の電子地形図(タイル)を利用して作成しています

10:32 少しガスが取れる。北穂方面

奥丸山から千丈沢乗越へと続く尾根を進む

 

ここに来て、相方の足の古傷が痛みだし、ペースダウン。

ここまでは標準CTよりけっこう速いペースで上がっていたが、

徐々に貯金が目減りしていく…。

まあ、私も息が上がらなくて済み、正直有り難いんですがw

乗越直下 トリカブトの大群生

高山植物に励まされ、乗越す

そして、ガスも晴れ、ついに…

11:55 千丈沢乗越

目指す槍の穂先が眼前に!

ああ、早く会いたい!!!

会いたくて震えるww

ヤバい、西野病が発症してしまったwwww

CT6:55

標準CT8:15

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして待望の槍ヶ岳山頂へ

※この地図は、国土地理院の電子地形図(タイル)を利用して作成しています

千丈沢の谷

このようなガレ場を登る。さあ、あと一踏ん張りだ!

大槍 小槍 孫槍
三代揃い踏み


13:24 槍の肩に到着!

眼前に槍の穂先が鎮座している!

まさに圧巻!!

CT8:19

標準CT9:45

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、山頂アタックの前に小休止。

肩の小屋へ。

表銀座縦走路に位置するだけあって、

小屋前は人でごった返していました。

富山の西町より、人、多いんじゃない(笑)

山頂直下にある『槍ヶ岳山荘』 定員650名の大きい山小屋

こちらでヘルメットのレンタルが出来ると聞き、

中へ。

受付カウンター前にある、レンタル申込書に記入し、

売店に提出。一個500円でした。


準備も万全、ザックもデポし、いざ山頂へ!

山頂までは大渋滞

肩から上部は切り立った岩肌を

垂直に近い角度で登って行きます。

途中、梯子場や鎖場が何か所もあり、

先行者が登りきったのを確認後、自分が登るといった

流れになるので、渋滞が発生しておりました。

結構な高度感

落ちると間違いなく怪我では済みそうもありませんが、

梯子、鎖ともにしっかりしており、

また足を置く場所が分かりずらいところには

鉄骨のようなものが打ちつけてあり、非常に登り易い。

整備されている方々に感謝。

ただし当然、油断は禁物です。

最後の梯子を登りきれば…

『新穂高登山センター』を5:05に出発し、

現在、14:28。

ついに、

感動の、、、、

フィナ~レ!!!

14:28 槍ヶ岳 山頂

CT9:23

標準CT10:15

憧れのピークについに登頂!!

※クリックで動画が再生されます。

これだけ尖がった山なので、

当たり前ですが、山頂は狭いです。

20人くらいで一杯な感じ。

順番に記念撮影し、360°の眺望を見渡す…

と、思いきや、我々が登頂した時に、丁度周りが雲に覆われ

遠くの峰々まで見渡す事が出来ない(汗)

しばらく様子を見ていたが、一向に雲が取れる様子もない…。

また此処に立つ理由が出来ましたと、

ベタな理由で自分を納得させる。

そして、名残り惜しいが、今晩の宿泊地である

ヒュッテ大槍を目指し、下山開始!

本日の宿、ヒュッテ大槍へ向かう

※この地図は、国土地理院の電子地形図(タイル)を利用して作成しています

慎重に下る、相方

目指す『ヒュッテ大槍』方面へ伸びる東鎌尾根。 下に見える赤い屋根は『殺生ヒュッテ』

槍の肩へ降りて来ました。

レンタルヘルメットを返却し、

表銀座を歩ける喜びを噛みしめながら、東鎌尾根へ。

東鎌尾根から眺める槍の穂先 個人的にはこのアングルの方が好きかも…

16:02、ヒュッテ大槍に到着♪

早々にチェックインし、一刻も早くエナジードリンクを飲みたい!

※私のエナジードリンクは生ビールです

CT10:57

標準CT11:15

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヒュッテ大槍にて寛ぐ

チェックイン後は、

小屋からの眺めと、美味しい夕食を楽しむ♪

ヒュッテ大槍から望む『前穂高岳』

ヒュッテ大槍の夕食
美味しゅうございました♪

夕食後、日没直前の光景
雲海に浮かぶ『常念岳』

日没直前 黒く染まる槍のシルエットが美しい…

ヒュッテ大槍の客室廊下 すごく綺麗

今晩のお部屋 有り難い事に100Vのコンセントも完備

最大で6人まで就寝出来るスペースを 2人で使用させて頂く 感謝

長い一日もようやく終わりを迎えようとしています。

さあ、明日は涸沢に立ち寄り、上高地に下山だ!

疲れを癒すために、早めに寝ることに致しましょうzzz

就寝、20:00

後編に続く。

※記事の情報は当時のものです。

また、素人投稿の為、内容の正確性は保証出来ません。

登山の際は、最新の確かな情報をご参照下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク